ツアー以外で行く新婚旅行をコストを抑え格安で提供できる沖縄旅行

シーサー

ツアー以外で沖縄に行くのもお勧め

沖縄は国内旅行の中でもダントツに人気の観光地です。観光に力を入れているだけあって多くの観光名所が沢山あります。琉球文化を感じる事が出来る首里城に、沖縄を代表する絶景スポットのニライカナイ橋や大迫力のジンベエザメが見られる某水族館など沢山あります。美しい自然や海、歴史や文化など沖縄には見どころが満載なのです。
しかし沖縄が好きな人が沖縄旅行にツアーで行くと毎回同じ場所ばかりなんて事もあります。やはりツアー旅行ですと、有名な場所を観光するのが定番になります。観光地が多い分だけあちこち忙しく巡る事になります。沖縄旅行のツアーはまるでマラソンの様だと言う人もいる位に忙しいのです。
あちこち歩き回ってホテルに着く頃にぐったりと疲れてしまう人も大勢います。せっかく沖縄に旅行するのですから、色々な場所を見た方が良いでしょう。しかしたまにはゆっくりとした時間を過ごすのもお勧めです。沖縄の国際通りには、様々な食べ歩きグルメがあります。パイナップルを始めとする新鮮で甘い果物や、サーターアンダギーと言う揚げドーナツ。他にも沢山の沖縄ならではの食べ物で溢れています。食事も沖縄グルメは本州では味わえない珍しい食材が多くあります。沖縄で食事を楽しむのならば、居酒屋がお勧めです。いつもと違った沖縄旅行を堪能するには、たまにはツアー以外で行くのもお勧めです。

新婚旅行で行った沖縄

何度か沖縄旅行に行った事がありますが、新婚旅行をハワイに行くか沖縄に行くか迷っていました。仕事の為、休みがあまりとれなったので、沖縄旅行にしました。今回は、以前行った事がない所を観光しようとプランを練りました。
1つ目は、「某水族館」に行きました。何度もテレビや雑誌で見ていたあの光景が目の前に広がって、すごく興奮しました。特にあの大きなジンベエザメを見た時には、言葉も出ないくらいでした。ジンベエザメが悠々と泳ぐ姿を見ていると、自分も広い海で泳いでいる様な感覚になって、すごく感動しました。
2つ目に観光して良かった所は、「アメリカンビレッジ」です。たくさんのショップが立ち並んでいて、思う存分に買い物も楽しめました。お土産もたくさん売ってあって、種類も豊富なので、選ぶのがとても楽しかったです。また、お土産を買って発送できるのですごく便利でした。雰囲気も名前の通りアメリカに来たかの様な雰囲気で、新婚旅行にぴったりの場所でした。
3つ目に良かったのは、「食べ物」です。沖縄にしかない珍しい食べ物がたくさんあって、名物の「ソーキそば」や「チャンプルー」「ラフテー」など、旅行雑誌に載っている名物の食べ物は、ほとんど食べました。どれも美味しくて、沖縄でしか味わえない料理に、満喫しました。今度は、ぜひ夏に沖縄旅行したいです。

格安沖縄ツアー

ある朝、新聞広告を見ているとふと飛び込んで来た『沖縄旅行4日間29800円』の文字。安いだけではなく、首里城や某水族館、万座毛に森のガラス館と観光も充実しており、更に食事も4食付いています。当時私は会社を退職したばかりで、ゆっくり羽を伸ばしたいと言う気持ちもあり、娘に声を掛けてみました。こうして初めての母娘二人旅は沖縄旅行に決定しました。
自由行動の時間もあったので、娘がいろいろ調べてくれて、美味しいソーキそばのお店と、沖縄民謡を聞きながら食事が出来るお店や、地元でとれた色鮮やかな鮮魚が並ぶ市場にも行きました。名前は聞いたことがあるけど食べたことのなかったミミガーは、コリコリした食感が癖になり、海ぶどうのプチプチ感に、娘と二人ですっかりハマってしまいました。
娘の自撮り棒を使って、二人でたくさん写真も撮りました。若い娘の感性にこんな撮り方もあるのだなと感心しました。バスガイドさんが沖縄に来たなら是非飲んで欲しいと言っていた『ルートビア』なる未知の飲み物。帰りの空港で見つけたので、嫌がる娘を巻き込み飲んでみました。貼り薬の湿布を飲んでいるような味でしたが、不思議と癖になるような、また飲んでみたくなるような、沖縄一番の思い出の味となりました。どのホテルも大きくて綺麗なホテルだったので、オフシーズンだったとは言え、大変価値のある沖縄旅行になりました。


初めてSEO対策に関わる方から、常日頃SEO対策を日課としている方まで日々変動していく動向を敏感に捉えて、情報を収集・整理しております。